司法書士とは

皆様にとって司法書士とはどういうイメージでしょうか?

司法書士の仕事といえば、登記、あるいは、成年後見というイメージが強いのかなと思います。
でも実はそれだけではありません。不動産登記・会社の登記の手続きの代理、成年後見業務の他に、供託手続きの代理や裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成、登記・供託に関する審査請求の手続きの代理、簡易裁判所訴訟代理等多岐にわたります。

イメージとして良く使われるのは、皆様の財産や権利を守り、トラブルを未然に防ぐ「身近な法律家」です。
法律問題でお困りのことや不安なことがあったら、身近な法律家である司法書士に是非一度ご相談下さい。

今回は大まかなイメージでしたが、今後は司法書士の各業務に関することや、お役立ち情報等をこのホームページで発信し、もっともっと司法書士が皆様の身近な存在になれたら幸いです。

関連記事

  1. 新しくホームページを開設しました

最近の記事

  1. 相続
PAGE TOP