相続登記の登録免許税の免税措置【2021年3月31日まで】

相続

相続登記の登録免許税の免税措置が始まりました。
相続登記の登録免許税の免税措置について

相続により土地を取得した方が相続登記をしないまま死亡した場合に、その相続登記について登録免許税がかからないことになります。

土地の所有者であるAが亡くなり、Bがその土地を相続したが、Bが相続登記をしないまま亡くなり、Cがその土地を相続した場合
A→Bの相続登記については免税
B→Cの相続登記については今まで通り0.4%の登録免許税がかかります
1次相続については免税、2次相続については今まで通り課税されます。

また、BからBの相続人に移転している必要はないので、例えば、Bが生前にDに土地を売却等していた場合でもこの免税措置が使えます。
その場合は、
A→Bの相続登記については免税
B→Dの売買等による所有権移転登記については今まで通りとなります

免税を受けるためには登記申請書に「租税特別措置法第84条の2の3第1項により非課税」と記載する必要があります。
ご自身で登記申請される場合は以下を参考にして下さい。
記載例→相続登記の登録免許税の免税措置について

ただし、この免税措置は平成33年(2021年)3月31日までに登記をする場合に受けられます。
最近は相続登記がされないまま放置され、様々な社会問題となっています。相続登記をせずにそのままにしておくと、次世代の子ども達が困ることになります。
是非この機会に相続登記がされずに放置されている不動産について見直して、次世代に大切な財産を引き継ぎましょう。

最近の記事

  1. 相続
PAGE TOP